• Yukio

薪のいただきもの

4月下旬だというのに昨日とは一転、凍えるような寒さ。


今日も薪ストーブのお世話になっている。


昨日まで初夏を思わせるような暖かさだっただけに

完全に油断して薄着で外出・・・。

もっと天気予報をよく見ておけば・・・。


先日、ご近所から剪定したカシの木の枝を頂いた。

この枝をいただいて、薪ストーブの薪にするのだ。

毎朝、僕集農園で野良仕事をしている。


そこへ近所のおじさんがやってきて


「そこに切ってある木、使っていいよ!」


って。


しかも、太めの枝を持ち運べるサイズに切ってくれてる!!


ありがたや!ありがたや!


ほんとにありがとう!!



近所のおじさんいわく、


防風林となっている裏山の木が大きくなりすぎて


台風などでの倒木の被害が起こらないよう


思い切って剪定してしまったらしい。

薪ストーブには燃料となる薪が大量に必要となる。


今回頂いたカシの木はまだ生木で、すぐに薪ストーブ用の薪としては使用できない。


これをちょうどよい大きさに切断し1年程度乾燥させる。


そうそう、今の作業は1年あるいは2年後に使おうとしているの薪の準備となるわけだ。


いただいた薪を粗末にしてはいけない。


とりあえず即席薪置き場を作りながら薪の運搬。


↓そして2往復目

途中からは稲作仲間にもお手伝いいただき、軽トラ2台分の薪をGET!

クヌギやカシの木


長時間燃焼したり、美しい熾火を提供してくれる

「高級薪」

と言われている。


これで今度の冬の楽しみがまた一つできた。


どんな炎で僕たちを楽しませてくれるのだろうか。


美しい炎を眺めながら、一杯交わそう。


0回の閲覧
僕らの集会所

Copyright (C) 2018 Bokuranoshūkaijo. All Rights Reserved.